「「よ」冒頭の水道用語カタログページ

N.HARVEST

「よ」から始まる用語辞典

呼び径
配管や管などの径を表す用語であり、主に配管や管の規格を示す際に使用されます。これは、管や配管の内径(内側の直径)を表すもので、規格化されたサイズを示すために用いられます。
呼び径は、通常、ミリメートル(mm)やインチ(inch)で表現されます。例えば、20mm、50mm、2インチなどが一般的な呼び径の表現です。
以下は、呼び径の特徴と用途についての詳細です。

●規格化と標準化
呼び径は、配管や管のサイズを規格化し、標準化するために用いられます。これにより、異なる製造業者やプロジェクト間で共通のサイズ規格が確立されます。
●対応する内径
呼び径は、管や配管の内径を表します。例えば、呼び径が50mmの場合、その管の内径は50mmとなります。
●流体の量と圧力
呼び径は、管や配管を通じて流れる液体や気体の量や圧力の制御に重要な役割を果たします。大口径の配管は多くの流体を効率的に移動させることができます。
●建築や工業、水道などの用途
呼び径は、建物の配管、工業プロセス、水道、空調システム、ガス配管など、さまざまな分野で広く使用されます。

呼び径は、設計、施工、保守、修理などの段階で重要な情報となり、適切なサイズの配管や管を選定する際に欠かせない要素です。



横型加圧脱水機
液体や固体から水分を除去するための機械装置であり、脱水のプロセスを効率的に行うための設備の一種です。脱水は、様々な産業分野で広く利用されており、固形物の水分を減らすことで、製品の品質や運搬効率を向上させることが目的です。
横型加圧脱水機の主な特徴や機能は以下の通りです。

●横型設計
名前の通り、横方向に構造されており、物質が横方向に圧搾・脱水される特徴を持ちます。
●加圧脱水
内部で圧力をかけることで、物質から水分を強制的に排出し、脱水効果を高めます。
●固体物の脱水
主に固形物やスラリー状の物質から水分を取り除くのに使用されます。例えば、鉱石、化学製品、廃棄物、食品、建材などが対象となります。
●効率的な運転
構造や制御システムが工程を効率的に進め、脱水の効率を最大化します。
●材料の選択肢
耐久性と腐食防止のため、ステンレス鋼や特殊なコーティング材料が採用されることがあります。
●産業応用
鉱業、製造業、食品産業、環境分野など、様々な産業で用いられ、それぞれの分野に応じた要求仕様に適合するよう設計されます。

横型加圧脱水機は、特定の産業分野において、原料や製品の脱水プロセスを効率的に行うための重要な機器であり、製品の品質向上や生産性の向上に寄与します。



容量
ある物や空間が持つ、特定の量や体積を指します。容量は、液体、固体、気体、空間など、さまざまなものの量を表す単位として使用されます。通常、容量は体積や質量と関連付けられ、その寸法は立方メートル(m^3)、リットル(L)、ガロン(gal)、立方インチ(in^3)などが一般的に使われます。
以下は、いくつかの一般的な容量の例です。

●液体容量
リットル(L)やミリリットル(mL)などが一般的に使用され、液体の量や容器の容量を表します。例えば、500 mLのボトルは、その容器が500ミリリットルの液体を保持できることを示します。
●固体容量
立方メートル(m^3)や立方センチメートル(cm^3)などが使われ、物体や立体の体積を表します。例えば、1立方メートルの木材は、一辺が1メートルの立方体の体積を持ちます。
●空間の容量
空間や建物の容量は、通常は立方メートル(m^3)や立方フィート(ft^3)で表現されます。これは、部屋や建物の内部の3次元的な空間を指します。
●ガス容量
気体の容量は、通常、気圧や温度に依存するため、標準条件での単位で表現されます。例えば、1モルの理想気体の標準状態容量は、22.4リットルです。

容量は、物質の量や空間の大きさを理解する際に重要な指標であり、工学、物理学、化学、建築、流体力学などのさまざまな分野で幅広く使用されます。



受付センター
copyright©2019 水道の修理隊(マリン水道グループ) all rights reserved.