「ゆ」冠の水道言葉ディレクトリページ

N.HARVEST

「ゆ」から始まる用語辞典

有器増設
「有器増設」とは、あるシステムや設備に新たな機器や装置を追加して機能や能力を向上させることを指します。これは、既存のシステムに改良や拡張を加えて、性能の向上や新たな機能の提供を行う際に行われる作業です。
具体的な例や特定の分野における「有器増設」の内容について詳細な情報があれば、それに基づいてより具体的な説明やアドバイスを提供することが可能です。また、どのようなシステムや機器に対する増設を考えているのか、その背景や目的、関連する状況なども教えていただければ、より適切な情報を提供できるでしょう。



遊離炭酸
炭酸ガス(CO2)の分子が水中で溶解し、水中に存在する形態を指します。通常、二酸化炭素は水中に溶解すると、水分子(H2O)と反応して炭酸(H2CO3)という物質に変化します。この炭酸はさらに水素イオン(H+)と炭酸イオン(HCO3-)に分解し、水中に溶けている形態として存在します。
遊離炭酸は、水の中に存在する炭酸ガスの一部で、水質や環境条件によって変化します。炭酸濃度が高いほど、遊離炭酸の存在も増加します。炭酸は、地下水や湖、河川、海水など、自然界の水に広く存在し、水中の酸性度(pH値)や溶存酸素濃度などに影響を与える要因の一つです。
遊離炭酸は、水中生態系や水質管理、水処理プロセス、水中化学反応などのさまざまな分野で重要な役割を果たします。水質評価や環境モニタリング、水処理設備の効率向上などにおいて、遊離炭酸の理解と測定が重要です。



有収率
投資や事業などの収益性を評価する際に用いられる指標の一つであり、投資した資本に対する収益の割合を示します。一般的には、投資した資本に対する利益や収益を示す割合を表す数値として表現されます。
有収率は、特定の投資や事業において、得られる収益がどれだけの割合で投資した資本に対応するかを示すため、投資の魅力や収益性を評価する際に重要な情報を提供します。
一般的な有収率の計算方法は以下の通りです。

有収率=(収益投資額)×100%有収率=(投資額収益)×100%

収益 投資や事業から得られる利益や収入などの収益を示します。
投資額 収益を得るために投資した資本や費用を示します。
この計算により、投資した資本に対する収益の割合がパーセンテージとして表現されます。有収率が高いほど、投資や事業が収益的であるとされます。

なお、有収率は投資や事業の性質や目的、評価方法によって様々な種類があります。例えば、投資物件のキャッシュフローから計算する利回り(キャッシュオンキャッシュリターン)、株式投資の配当利回り、債券の利回りなど、それぞれの投資対象に応じた評価指標が存在します。



受付センター
copyright©2019 水道の修理隊(マリン水道グループ) all rights reserved.