トイレ修理で水漏れを解決する

水道業者

トイレタンクの修理

節水型トイレタンクの給水を制御するダイヤフラムと言われる部品があります。この部品が不具合を生じてしまえば、韓国内だけでなく壁や床に水が飛び散り驚いてしまうことがあります。このような被害に遭遇したら、原因のひとつとして、ダイヤフラムが故障してしまったものがあると考えてもいいでしょう。
ダイヤフラムは、あまり聞きなれないために交換することがムズカシイと考えがちです。しかし、実際には、それほど難しくなく交換することができてしまいます。
水道屋や水道業者に修理を頼んで安全に交換するという方法もありますが、その場合は、費用が高くなってしまうことが多くありますので自力交換を考えられてはいかがでしょうか?以下でダイヤフラムを交換する方法をご紹介しておきます。

1:止水栓・元栓を閉栓する
修理作業をする前段階として絶対にしておかなければならないことがあります。それが、元栓か止水栓を確実に閉栓することです。止水栓を止めておかなければ、ダイヤフラムを交換する際に水が噴水のように噴き出してしまいますので十分に注意する必要があります。
2:ダイヤフラムを外す
不具合が生じた部品を外す必要があります。タンクの上蓋を開けることからはじめ、ボールタップを外します。ボールタップにはカバーがつけられていることがありますので、このカバーも外してください。
浮きゴムとの連結部分は簡単に外せます。ダイヤフラムは、ナットを外したらダイヤフラムが見えてきます。※ ナットは、プラスチック製のものですからプライヤーやラジオペンチなどではなく手で簡単に外せます。
3:ダイヤフラムの交換
ナットを外すとダイヤフラムが簡単に取り出せますので、新しいダイヤフラムと交換します。装着する時にピンがしっかりと飛び出るようにしてください。ピンがしっかりと飛び出なければ使用できなくなったり水漏れの原因となってしまうことがあります。交換が終わったら後は逆手順で元の状態に戻します。
また、タンク内部は、ホースが入っていたり手洗い管がつながっていたり、想像以上に作業スペースが限られることもあります。状況に合わせて作業しやすい環境を作ってあげることが大切になります。狭い場所に手を押し込んで作業すると、怪我をしてしまう可能性がありますし他の部品を破損させてしまう可能性がありますので要注意です。
4:ダイヤフラムを交換して元通り組み立てたら止水栓・元栓を開栓して正常に動作するか最終点検をする必要があります。問題なければ作業終了となりますが、少しでも不具合が生じているのであれば取り付け方が悪かったりする場合があります。不具合が生じてしまった大多数が金を確実に穴に通していなく接合できていない状態になっています。

ダイヤフラムとポールタップの相違点

ダイヤフラムとポールタップは、トイレタンクの内部機構の一部であり、水の供給と排水を制御する役割を果たしています。以下にダイヤフラムとポールタップの相違点を説明します。

●構造と役割
ダイヤフラム: ダイヤフラムはゴム製の円盤状の部品で、トイレタンク内の水位を制御します。ダイヤフラムは水位の上昇と下降に応じて可動し、水の供給を止めたり開始したりします。ダイヤフラムは水漏れを防止する役割も果たします。
ポールタップ: ポールタップは、トイレタンク内のフラッパーバルブやフラッシュバルブを操作するためのレバーシステムです。ポールタップはタンクの上部に取り付けられ、トイレのフラッシュボタンと連動して水の流れを制御します。ポールタップの動きによって、フラッシュバルブが開閉し、トイレの水が排水されます。

●形状と取り付け位置:
ダイヤフラム: ダイヤフラムは一般的に円盤状の形状をしており、トイレタンクの底部に取り付けられます。ダイヤフラムは水位の変化に応じて上下に可動し、水の供給を制御します。
ポールタップ: ポールタップは、レバーシステムとしてトイレタンクの上部に取り付けられます。ポールタップはレバーや棒状の部品を介してフラッシュバルブと連動し、フラッシュ操作を制御します。

●影響範囲:
ダイヤフラム: ダイヤフラムの状態や調整によって、トイレタンク内の水位と供給量が調整されます。ダイヤフラムの不具合や調整の問題があると、水漏れや水の供給の制御に影響が及ぶ可能性があります。
ポールタップ: ポールタップの動作や調整によって、トイレのフラッシュ操作が正常に行われます。ポールタップの不具合や調整の問題があると、フラッシュの開閉が適切に行われず、排水が漏れ続きます。

トイレのダイヤフラムってなに?
トイレのダイヤフラムは、トイレの水タンク内にある重要な部品の一つです。水タンク内に取り付けられており、水の供給と排水を制御する役割を果たしています。
具体的には、トイレの水タンクに水が溜まる際にダイヤフラムは水の流入を制御します。水が流入すると、ダイヤフラムは圧力によって広がり、水の供給を止めるためのバルブを閉じます。一方、トイレのフラッシュボタンを押すと、ダイヤフラムは収縮し、水を一気に流して排水を行います。
ダイヤフラムはゴムやシリコンなどの柔軟な材料で作られており、耐久性が求められます。正常に機能していないダイヤフラムは水漏れや水の供給不足、排水不良などのトイレの問題を引き起こすことがあります。そのため、ダイヤフラムの状態が良好であるか定期的に確認し、必要に応じて交換することが重要です。

トイレ用ダイヤフラムの構造

トイレ用ダイヤフラムは、トイレタンク内の水の出し入れを調節するパーツで、機能的にはフロート弁に相当します。トイレタンク内にある水の量によって、ダイヤフラムが上下に動き、水の出し入れを制御します。トイレタンク内の水位が高くなると、ダイヤフラムが下がり、水の流れを止めます。水位が下がると、ダイヤフラムが上がり、水の流れを再開します。ダイヤフラムは、ゴム製の円盤状のパーツで、タンクの底部にある水の入り口に接続されます。

DIY交換
トイレ用のダイヤフラムをDIYで交換する場合、以下の手順が一般的です。

1:トイレタンクの水を切る
トイレタンクの給水弁の栓を閉めて水を止めます。

2:トイレタンクの内部にあるダイヤフラムを外す
トイレタンクのフタを外し、内部にあるダイヤフラムを外します。ダイヤフラムには取り外し用のピンやクリップが付属している場合があります。

3:新しいダイヤフラムを取り付ける
新しいダイヤフラムを古いダイヤフラムの位置にセットし、ピンやクリップで固定します。取り付け方法はダイヤフラムの形状によって異なる場合があります。

4:トイレタンクの水を戻す
給水弁の栓を開けて水を戻します。

5:動作確認をする
トイレタンクに水が溜まり、ダイヤフラムが正しく機能するかを確認します。

ただし、トイレタンクに触れる作業は高圧化された水や電気装置が近くにあるため、注意が必要です。DIYを行う際は、安全対策をしっかりと行い、取扱説明書を参考にすることをおすすめします。また、DIYに自信のない場合や、トイレの修理に関する知識がない場合は、専門業者に依頼することを検討してください。



受付センター
copyright©2019 水道の修理隊(マリン水道グループ) all rights reserved.